メルマガバックナンバー

2019年2019/07/18

名経営者の脇には必ずナンバー2がいる

no2


池本克之です。


名経営者と呼ばれる人たちは
世の中に多くいる。


会社が大きく成長し
発展を遂げている場合、
最も注目されるのは経営者だろう。


しかし、
どんなに優秀な経営者であっても
苦手なことはある。


得意なこともあれば、
不得意なことだってあるのだ。


では、それを補っていたのは
誰なのか?


経営者が自身の力を最大限に
発揮できるように、
影でフォローし続けていたのは
誰なのだろうか?


それが、ナンバー2の存在である。


補佐役、女房役、番頭など
呼び方は色々あるが、


重要なのは、


「名経営者の脇には
必ずこうした存在がいる」


ということだ。


有名なところでいうと、
松下幸之助さんを支え続けた
高橋荒太郎さん。


高橋さんは、
松下幸之助さんの教えを社員に伝え、
松下イズムを浸透させている。


他には、
天才エンジニアの本田宗一郎さんを
経営面から支えた藤沢武夫さん。


本田さんは研究開発に集中し、
経営的な仕事は
すべて藤沢さんに任せていた。


本田さんは社長でありながらも
「一度も会社の実印を見たことがない」
と語ったエピソードまで
残されているほどだ。


本田さんは
会社の経営管理に関わる業務は
苦手であり、
そこを藤沢さんが
一手に引き受けている。


時代は変わっても、
優秀な経営者の側には
必ず彼らを支えるナンバー2が
いるというのは、
いつの時代も変わらない。


では、そんなナンバー2だが、
中小企業には必要なのだろうか?


その答えは、必ず必要だ。


だが、当てはまらない人もいる。


それは、組織ではなく、
自分一人でやっていきたいと
思っている人。


会社をこれ以上
大きくさせたいと思っていない人は
もしかしたら必要ないかもしれない。


しかし、組織でやっていきたい、
これからも会社を大きくしていきたいと
思っている人には
必ず必要になってくる。


なぜなら、
会社の規模や社員数が増えていくと、
社長が一人で通常の業務をこなしながら
部下のマネジメントをするというのは
限界があるからだ。


そして、そんな時に
ナンバー2がいなければ、


いつまで経っても
社長は現場から離れられず、
社長が本来やらなければならない
仕事ができない、
という状況になる。


自分の時間もないので
ストレスもたまるだろう。


誰か代わりができる人がいればいいが
いないので、
「自分が倒れたら終わり」
状態なのだ。


だが、ナンバー2がいれば、


あなたがやっている仕事を
引き継いでいけるようになるので、


あなたは、あなたの時間ができ、
やらなければならない仕事に
集中できるようになる。


それに、たとえ
あなたが倒れたとしても
すぐに代わりができるので安心だ。


また、社長のあなたと同じように
会社のことを考え、
行動してくれるので
当然、業績も上がる。


ナンバー2がいれば、
会社はもっとスピードを上げて
成長することができるのだ。


しかし、社長の中には
「ナンバー2は必要だと思うけど
もういらないかな…」
と諦めている人もいる。


これは、今までにうまくいかなかった
経験があるからだろう。


だが、世の中には
ナンバー2の育成に成功し、
会社を伸ばし続けている企業もある。


一体、何が違うのか?


その大きな違いは、
ナンバー2の育成方法を
知っているかどうか、
ということだ。


ナンバー2となれば、
意識から違う。


仕事の領域も違う。


ナンバー2と社員では、
考え方やすることがまるで違うのだ。


であれば、社員と同じように
扱っていてはいけない
ということになる。


例えば、毎月の売上に対して。


今月あと100万円足りないとなった時、
社員であれば、
「今からそんなの無理だよ...」
と考えたとしても、
しょうがないと言えば
しょうがないだろう。


だが、ナンバー2だと
そうはいかない。


もっと経営者視点を持って、
「残り100万円を作るには
どうすればいいか?」


「今から何ができるか?」といった、
なんとかする姿勢が大事になるし、


そのために徹夜することだって
必要なはずだ。


(これは私の意見だが、
同じように思っている経営者も
多いのではないだろうか?)


そのためには、
ナンバー2としての考え方、
ナンバー2に求めていること、


そして、
あなた自身が大事にしている考え方、
これらを明確に伝えることが
重要になる。


何を言うかではなく、どう言うかで、
それがきちんと伝わっていることが
大事なのだ。


ナンバー2なので、
社長と違うことをやってもらっちゃ
困るわけだ。


仮に、社長に何かあった時でも
すぐ社長に代わって
会社の切り盛りができるような人。


これがナンバー2に必要な条件なので、
根本の考え方は統一しておかないと
いけない。


そしてその上で、
少しずつ社長がやっていた仕事を
任せていく必要がある。


どんな名経営者と呼ばれる人でも、
その影には
必ず彼らを支えるナンバー2がいる。


もしあなたが、
これから先も会社を大きくして
いきたいと思っているのなら、


今からでもナンバー2の育成に
力を入れることをおすすめする。


それが、
あなたの会社の成長スピードを
何倍も早くさせるだろう。


PS
ナンバー2の育成方法が
わからないのなら、
これが必ずお役に立てる。

http://a15.hm-f.jp/cc.php?t=M104425&c=21825&d=8894

自律成長型組織に変える方法 メルマガ登録

池本克之とは

Contact

お電話かフォームにて
お気軽にお問い合わせ下さい。
皆さまからのお問い合わせ、お待ちしております。

お電話でのお問い合わせ

00-000-0000

お電話受付時間:10:00~17:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

TOP > News一覧 > News

pagetop